せどりには確定申告が必要?いくらから申告するべき?

      2019/10/12

どもーーー!!

妻子・住宅ローン持ちで、会社辞めておもちゃせどり始めたら、最高の人生に変化したおもちゃ部せどり課っす(^ ^)

 

商品を自分で仕入れて売却する「せどり」は、副業として人気の高い方法です。個人事業とはいえ、最初から大きく稼げるわけではないので、確定申告は必要ないものと思っていませんか?

実はせどりで稼いだお金は、一定金額以上から確定申告をしなければなりません。

ここではせどりによる儲けと、それにかかる確定申告について詳しく紹介します。

 

せどりで儲けたら確定申告が必要

 

せどりでお金を稼いだら、以下のポイントにしたがって確定申告が必要かどうかを確認しましょう。
個人事業をしていて、その年の1月1日から12月31日までに38万円以上の利益がある

 

本業で給与を受け取っており、副業として年間20万円以上の利益がある
上記に当てはまらない場合は確定申告の必要はありませんが、一定額の売上が出た場合は入出金について記録し、正しく税を収めなければなりません。

 

確定申告が必要なのはこんな人

 

せどりはさまざまな商品を扱いますが、少額でも複数回売り上げることでまとまった金額になります。

 

せどりを本業にしている方で、トータルで38万円(副業の場合は20万円)の利益が出たら、確定申告に該当するため注意が必要です。
ただし売上を計算する際には、手数料などの諸経費がかかっているため、手数料がいくら差し引かれているか確認しておきましょう。

 

年度末の12月31日時点で在庫を抱えている方は、棚卸し作業を行い、在庫をどの程度持っているかも計算を。
経費の計算方法も、商材の購入代金や発送などにいくらかかっているか、交通費や手数料などを計算しなければなりません。

 

確定申告をしないとどうなる?

 

20万円または38万円を超えて利益が出ていても確定申告をせずにいると「申告漏れ」となり、申告をする予定だが期日を過ぎてしまった場合には「申告遅延」となります。

 

申告漏れや申告遅延については、通常収めるべき税金の15%から20%が上乗せされて請求されます。ただし税務署から指摘を受ける前に、自分で後から納税をすれば、5%の上乗せとなります。

 

延滞税の税率は一律ではなく毎年変わりますが、納付期限から納付日までの超過日数ぶんの税が課されるので、期日を過ぎないように注意しましょう。

 

それだけではありません。なんといっても特に気をつけなければならないのが、確定申告をしないと落とせる経費が落とせずに払う税金が増えてしまうんです。
何となく確定申告というと損をする作業のように思われがちですが、逆に確定申告をしないことで損をしてしまう人もいるので注意したいですね。

 

そもそもせどりは経費が大きくなりがちなので、確定申告をしてきちんと経費をみとめてもらうことによって得をするケースが多いです。もし確定申告を正しく行っていないと、赤字が出た際に大きな痛手を食うことになります。

 

また、確定申告をする必要があるのにそれをしないということは、すなわち脱税に繋がってしまう可能性があるんです…!
「確定申告は面倒そうだからやらなくていいや~」という軽い気持ちが犯罪に繋がってしまう恐れもあるので、十分に注意しましょう。

 

確定申告する際には、青色申告を選択するのがおすすめです。
青色申告なら65万円までの特別控除を受けることができるので、白色申告に比べてメリットがかなり大きいといえます。青色申告での確定申告には事前の申請が必要ですが、確定申告のソフトなどを使えばそれほど難しい話ではないので、ぜひ青色申告を検討してみましょう。

 

せどりの確定申告をする上での注意点

 

せどりを行っていくにあたり、確実に理解しておかなければならないのが「収入」と「所得」の違いです。
どちらも似たようなものだと思っている方もいるのではないでしょうか?

 

まず、収入とは個人事業主でいうと売り上げのことです。「1年間に入ってくる収入=年収」ですね。
一方で所得とは何かというと、これは(収入)売上から経費を引いた金額のこと。

 

例えば、せどりで毎月100万円を売り上げた場合に年収は1,200万円です。
ですが、毎月仕入れに80万円かかっていたとしたら年間で経費が960万円かかります。

 

この場合、年収1,200万円から経費960万円を引いた240万円が「所得」ということになるわけです。
これらの違いをよく理解しておかないと確定申告をする際に計算すべき金額を間違えてしまうことがあります…。

 

せどりでは商品の購入代金だけでなく、発送など様々なものにお金がかかっているので、しっかりと計算しましょう。

 

一定の利益が出れば申告が必要に

 

せどりは流れに乗ることで確定申告が必要になるため、大きく稼ぐ予定の方は支出を細かく記録しておかなければなりません。

 

意図的な無申告とわかった場合は、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、またはその両方が課されるので、課税逃れにも注意しましょう。

 

・・・

おもちゃ部はいま、情報交換できるお友達を必要としてますっ!!

せどりしてる方、これから始めようとしてる方、

ぜひお友達になりましょう!!

LINE@から、いつでも気軽に話しかけてください(^ ^)

友だち追加

 - 電脳せどり お役立ち情報