会社辞めて1年経った。改めて思う事。  

      2019/07/19

毎度!おはようございます!

妻子持ち、住宅ローン持ちで会社辞めたおもちゃ部せどり課っす(^ ^)

 

2017年6月30日 この日は会社を退職して1年が経った日だ。

正確には、2016年8月23日に退職なんだけど、7月、8月は有休消化してたから、実質的にという意味だが。

独立して1年、早かったなー。

 

しかし、感慨深い。

僕は、18歳で高校を卒業してから、基本的には会社員として生きてきた期間が長い。

 

特に最後に勤めた会社は25歳から37歳まで12年間お世話になった。

正直、辛くて嫌になる時も多かったが、この会社には本当に感謝しています。

ワケのわからない兄ちゃんだった自分を拾ってくれた。

会社も急成長しその間に多くの事を学ばせて頂き、給料もそれなりに多く頂けた。

 

でも、僕は35歳くらいの時かな、このまま毎日を過ごしていて大丈夫なのかな、と考えだした。

このまま、50歳くらいになった時に、会社にいらないと言われたら、自分には何があるんだろうか、と。

そもそも、今の給料が上がるどころか、維持すら保証されていない。

ハッキリ言って、3年先は何となく大丈夫そうでも、10年後、、、自分の居場所はあるのか、と。

 

月曜から金曜まで朝7時には家を出て、帰宅は21時とか22時とか。

日曜日の夕方には、あー明日からまた1週間か・・とか思って。

月曜の朝は満員電車の中が本当に息苦しい。

水曜くらいにやっと、半分か・・早く土曜になんないかなー、とか考えて。

木曜の朝は本当に辛かったなー。

金曜になってようやく、あー今日で終わりだー、とか考えて、、、

会社でも同僚とそんな話をして、週末は何すんですかー?とか言われて。

 

普段の日も、特に自分に自己投資するワケでもなく過ごすワケです。

朝の電車では新聞読むくらいなもんであとはケータイでくだらない記事を読んでる。

仕事は仕方なく無難にこなしていき、飲みに行けば、だいたいいつも同じメンバーで行く。

すると会話も似たような話ばかりで、要するに同じフィールドの人といる。

帰宅してもテレビ見て、何するワケでもなく寝る。

 

待ちに待った週末も、土曜は昼過ぎまでダラダラ過ごし、何となく終了。

日曜も似たようなもんだった。

こんな、自己投資をする事なくあっという間に1ヶ月がすぎ、半年がすぎ、1年がすぎていくワケです。

 

これで、

一体これで、、

どんな未来が待ってんでしょ!?

 

僕は、こんな毎日で終わっていく事が、35歳のときくらいに急に不安になってきたんです。

そんな時、35歳の時に待ちに待った長男が生まれたんです。

会社から帰ると寝てるけど本当にかわいい!

 

子供が生まれて、今までよりもさらに色々考えるようになりました。

このまま、何もなく過ごしていたら、もしかして、、、

自分自身のやりたい事もできないのは当然として、息子にもその様な人生歩ませちゃうのかな?

 

考えてみたら周囲の環境はどんどん厳しくなってるぞ??

まず消費税が上がってる

保険料率も上がってる

税金各種もよく分からない内に上がってる

電気代も水道もガスも何もかも上がってる

携帯代も上がってる

社会保障なんてだんだん無くなってきてる

基本的にこの国では何もかも支払う料金が上がってる

 

ようするに可処分所得(使えるお金)は思っているよりもずっと減ってるよね?

要は20年くらい前と比較すると同じ給与でも、使える分が減ってる分、収入ダウンだ。

この国では額面いくら?みたいな話をするけど、実質重要なのは使えるお金だぜ?

マスコミも、わざとなのか知らずか知らないけど要するに平均年収とか額面で話をする。

で、20年前(バブル直後)とかと比較して景気はいいとか給料上がってるとか話すけど・・・実際には?

 

幸い自分の年収は、日本の年収平均と比較するとかなり多くもらっているが・・・

この収入だっていつまでもつのか?

 

だって、基本は会社からの評価次第でいつでもダウンするから。

そのために、要するに評価のために自分を捨てて、生きていくの?

それでも、そうする事によって、100%給与と立場が保証されるならまだいいよね?

 

でも、そこまでやっていっても保証はない。

年齢とともに体力は減って、夜遅くまで仕事を頑張ったら翌日に響くようになっている。

こんな事、40代になっても続けられるかい?

 

で、結果50歳くらいになって、年収30%ダウンか、会社辞めるか、選べみたいになった時に・・・

自分には何があるだろうか?

 

その時に、会社以外に収入を取れるスキルがあれば、全然問題ない。

もしかしたらその様な自分になっていれば、会社と対等にやりあえるし。

要するに、何か一つに依存する事なく生きていける。

 

そうだ!!

依存がダメなんだ!

要するに、何かに依存して執着しているから、不安だし、怖いし、、、

 

だったら、、、

だったら、依存しない自分になればいいのかな?

 

よし!

何か、稼げる何かを探してみよう。

 

そう思ったのが2015年でした。

そして、色々やってみましたよ。

 

で、最後に見つけたのが、せどりでした。

今の私の収入源です。

これで独立できました。

 

僕は、せどりというビジネスは最強だと思っています。

低資金で開始でき、

リスクも非常に低い。

経験も必要なく、

誰でもやろうと思えば開始する事ができる

誰にも迷惑をかける事もなく、

自分のペースでビジネスができる

 

こんなビジネスは無いです。

僕は本当にせどりを知る事ができてラッキーでした。

副業で始めて、会社を辞める自信もつきました。

 

そして、1年が経ちました。

満員電車に乗る必要もなく、

だから満員電車なんかに時間を取られる事が無いので、ゆっくりと子供と朝ごはんを一緒に食べる事ができます。

夜も、家族で一緒にご飯を食べる事ができます。

そのあと、自分のやりたい事を夜遅くまで頑張ったりもできます。

これが本当に苦になら無い。

不思議です。

自分の好きな仕事なら全然苦にならないんですね。

 

今現在、もしも今の毎日に何か不安や疑問なんかを持っているならば、

私はせどりをオススメしますよ。

 

グーグルなんかで調べればたくさんせどりについても教えてくれています。

このサイトでも基本的なことはまとめてありますので良かったら、ぜひ読んでください。

→初めてのせどりくわしく解説しています

 

とにかく、僕は少しでも経済的に余裕を持たせる事が必要と考えています。

そうでなければ、よほどの資産持ちでもない限り、今後、家族や大切な人を守っていけないと思っています。

 

とにかく、独立して1年が経って、色々と感慨深いものがあったので書いてみました。

最後までお読み頂きありがとうございます。

 - おもちゃせどり