住宅ローンと妻子を抱え、電脳せどりで人生変えまくった男のリアル話!

せどりとは?ネットせどりと店舗せどりの違いを解説!

2020/04/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -

どもーーー!!

妻子・住宅ローン持ちで、会社辞めておもちゃせどり始めたら、最高の人生に変化したおもちゃ部せどり課っす(^ ^)

一つのビジネスとして考えられているせどりとは、どういったビジネスなのでしょうか。またせどりには、「ネットせどり」と「店舗せどり」があり、それぞれ特徴が異なります。

今回は、せどりの特徴やネットせどり、店舗せどりの違いについて紹介していくので、参考にしてみてください。

せどりとは?

そもそも、せどりとはどういった意味があるのでしょうか。日本でせどりという言葉が出来たきっかけは、「転売業者が古本屋で本の背中のタイトルを見て購入していた」ことから、背(せ)取り(どり)という言葉が出来たと言われています。

簡単に説明すると、せどりは安く物を仕入れて、高く商品を売り利益を上げるといったビジネスです。

せどりの始まりは、中古本を安く仕入れて高く売るということでした。今では、ブックオフで中古本を仕入れて、amazonなどで販売するといった手法が広まっています。

せどりのメリット

安く仕入れて、高く売るというせどりは、どのようなメリットがあるのでしょうか。簡単にメリットを解説すると、ビジネス形態がシンプルで誰でも実行に移しやすいということです。

他のビジネスや副業といった物は、スキルや資格、培った能力ということが必要になりますが、せどりは難しいことはなく、ただ仕入れよりも高い金額で売れば良いだけなので、手軽なビジネスになります。

せどりのデメリット

せどりのデメリットとしては、仕入れのための資金が必要になるという点です。高く売る
ためにも、仕入れをしないとせどりは始めらないので、最初のお金がマイナスになることは仕方がないでしょう。

他にも、シンプルなビジネスであることから、ライバルが多く、自分の商品が注目されずに埋もれてしまうという可能性です。

せどりに向いている人の特徴

せどりは、面倒な作業もスキルも必要ありませんが、最初にいくらか資金が必要になります。そのため、せどりに向いている方の特徴としては、様々な商品を取り扱うのが好きな方で、お金を稼ぐためなら初期投資は必要ないと考えられる方です。

一つの商品だけを安く仕入れ、高く売るというせどりの方法でも、利益を上げることはできますが、仕入れられる数に限界があったり、利益を十分に上げることができないことが考えられます。

せどりに向いていない人の特徴

せどりは複雑な業務がないということから、シンプルで楽ということもありますが、反対に単純作業になることから、苦手な方にはせどりは向いていません。

他にも、基本的にはせどりは一人で作業をする傾向にあるため、個人で行動してビジネスを始めるのが苦手という方にも向いていないビジネスと言えるでしょう。

ネットせどりと店舗せどりの違い

安く仕入れて、高く売るというせどりですが、せどりには主に2種類の方法があります。それが「ネットせどり」と「店舗せどり」です。

それぞれ、どのような特徴があるのか、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

ネットせどり

ネットせどりとは、ネット上で商品を仕入れる方法のことを指しています。ヤフオクなどのオークションサイトから商品を安く仕入れ、amazonで仕入れ金額よりも高く売ることで、利益を上げるのが、ネットせどりのやり方です。

店舗まで足を運ぶことなく、ネットだけでせどりを完了させることができます。

店舗せどり

店舗せどりとは、実際に店舗まで足を運び、商品を仕入れる方法のことを指しています。安く店舗で商品を仕入れ、amazonなどで仕入れ金額よりも高く販売し、利益を上げるのが店舗せどりのやり方です。

ネットせどりと店舗せどりは仕入れが違い

ネットせどりと店舗せどりは、販売方法は一緒であることが多いですが、基本的な違いは仕入れの部分にあります。

ネットせどりは、仕入れ自体もネットで完了させるのですが、店舗せどりは店舗まで足を運んで仕入れるのが特徴です。

仕入れの方法として、どちらの方が自分に向いているのか、よく検討から実施してみるといいでしょう。

ネットせどりのメリット

仕入れから販売まで、ネット一つで完了させる「ネットせどり」ですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ネットせどりのメリットについて紹介していくので、参考にしてみてください。

いつでもどこでも仕入れ可能

ネットせどりは、ネットが繋がっている環境であれば、いつでもどこでも気に入った商品をチェックして仕入れを行うことができます。

会社帰りの電車やトイレに入っている時など、隙間時間を有効活用することができるので、副業として立ち回ることも可能です。

ネットで流通していれば、ほとんどの商品を気軽に購入できるのもネットせどりの特徴と言えます。

店員や周囲の目線が気にならない

仕入れを行う際、まとめ買いを行うこともあるでしょう。特に本などであれば、まとめて購入すれば安くつくこともあります。

しかしその場合、店員や周囲の目線が気になるため、恥ずかしいという思いをする方もいるでしょう。

ネットせどりであれば、仕入れを全てネットで実施することから、店員や周囲の目線を気にすることがありません。

周囲の目線が気になるという理由から、せどりを諦めていた方であれば、導入しやすいのがネットせどりと言えるでしょう。

リピート仕入れができる

一度購入して、利益が上がることがわかる商品が出れば、何度も同じ商品を仕入れて販売すれば、利益を大きく上げることができます。

購入した後に、他に適切な商品がなかったとしても、また出品された際に購入することができるので、リピート仕入れを楽に実施することが可能です。

ネットせどりのデメリット

ネットを活用することで、手軽に仕入れを行うことができる「ネットせどり」ですが、どのようなデメリットがあるのでしょうか。詳しい内容を紹介していきます。

商品が探しにくい

店舗せどりと比較すると、手軽に仕入れすることができるものの、ネット上ではたくさんの商品が販売されていることから、利益が上がる商品を見つけるのが難しい傾向にあります。

またネットせどりを実施している方は、他にもいることから利益の出る商品を見つけて、購入するまで時間がかかる傾向にあるでしょう。

送料がかかる

ネットせどりの場合、仕入れする際に送料がかかります。そのため、送料込みで商品を仕入れし、利益を上げられる金額設定で売る必要があるでしょう。

単純に、商品の金額だけで計算していると、後から利益が出ていなかったと衝撃を受けてしまう可能性があります。

商品のコンディションがわかりにくい

ネットせどりでは、実際の商品を見て購入するのではなく、写真を見て仕入れすることから、商品のコンディションがわかりにくいといった欠点があります。

仕入れてみて、初めて破損や汚れが見つかるといったケースもあるので、仕入れの状態には十分注意が必要です。

店舗せどりのメリット

自分の足で店舗まで行き、仕入れを行う「店舗せどり」は、どのようなメリットがあるのでしょうか。詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

商品を探しやすい

店舗に置いてある商品には限りがあることから、目的の商品を見つけやすいのが特徴です。その中から何が利益を上げられるのか、リサーチすることができるため、商品を意識しやすいのがメリットになります。

最初は、どれからリサーチすれば良いのか、わからないということもありますが、店舗にある多くの商品をリサーチしていけば、自ずと利益が上がる商品を見極めることが可能です。

ライバルが限られている

店舗せどりの場合は、近くに住んでいる方だけがライバルであることから、ネットせどりと比較すると、商品の仕入れに困る心配が少ないのが特徴です。

また同じように、せどり目的で購入する方が少ない可能性もあるので、目当ての店舗を見つけたら積極的に仕入れすることもできるでしょう。

商品をまとめて仕入れすることが可能

店舗せどりの場合、目当ての商品に在庫があれば、まとめて仕入れすることができます。すでに利益が上がることを把握しておけば、有益な仕入れとなるでしょう。

商品のコンディションが把握できる

店舗せどりの場合は、商品を実際によく見てから購入することができます。そのため、ネットせどりと違い、商品のコンディションを理解した上で仕入れすることが可能です。

後から、商品に欠損が見つかったり、傷が見つかって価値を下げるといったことがなくなるので、安心して仕入れを進めて、販売することができます。

店舗せどりのデメリット

自分で足を運んで仕入れすることから、店舗せどりは目当ての商品を仕入れしやすい傾向にあります。そんな店舗せどりですが、デメリットに感じることもあるでしょう。

どんなことが店舗せどりのデメリットになるのか、詳しい内容を紹介していきます。

店員や周囲の目が気になる

店舗せどりでデメリットと感じる部分の一つが、仕入れの際に店員や周囲の目が気になるということです。店舗せどりの多くが、こういった世間の目を気にするという意見から、諦めてしまう方がいます。

リサーチしている姿もそうですが、まとめて仕入れをする場合、一般のお客様と比較すると、量が違いすぎるので、店舗せどりであることがわかってしまうでしょう。

少量の仕入れであれば問題ありませんが、まとめて仕入れしたり、何度も同じ商品を購入すると、相手にもわかってしまうはずです。

移動に時間やお金がかかる

店舗せどりを行う場合、自分の足で店舗まで行くことから時間がかかってしまいます。また電車移動など、少し遠い場所で仕入れを実施する場合は、移動にもお金がかかってしまうので、注意が必要です。

せどりのやり方

ネットせどりも店舗せどりも、利益を上げるためには、まず仕入れを行う必要があります。他には、どういったことをしないといけないのでしょうか。

せどりのやり方について、簡単に説明していくので、参考にしてみてください。

店舗やネット通販で商品を探す

まずせどりのやり方として、店舗やネット通販、仕入れしやすい方法で商品を探します。最初は、どれが利益を上げられる商品なのか判断できないので、利益が上がりそうな商品、トレンドになっている商品をピックアップしていきましょう。

商品を仕入れる

目当ての商品を見つけることができた後は、商品を仕入れましょう。仕入れるためには、初期投資が必要になるので、事前に使える予算は検討しておくことが大切です。

販売価格を決めて出品

商品を仕入れた後は、仕入れの金額と送料を足して、さらに利益が上がる販売価格を設定して出品します。

出品は、主にamazonかヤフオク!に掲載することが一般的です。理由としては、多くの方が閲覧するきっかけが多いため、売り上げを上げやすい傾向にあるためになります。

商品購入者に送る

自分が出品した商品を購入された方がいれば、商品購入者に対象の商品を送ります。この時に、商品を間違えて郵送しないように、細心の注意を払うことが大切です。

せどりでamazonやヤフオク!を選ぶ理由

せどりで出品する場合、amazonやヤフオク!から出した方が良いというのは、ヤフオク!の場合は、大手で最古のネットオークションサイトであるためです。

amazonの場合は、他にも多くの中古品が販売されていることがあるため、自分の商品価値を落とさずに、適切な金額で販売することができます。

このことから、多くの方が自分の仕入れた商品を目にして、購入している可能性を少しでも上げるためには、amazonやヤフオク!がおすすめなのです。

せどりで便利なamazonのFBA制度

Amazonには、せどりを行う上で便利な「FBA」という制度があります。FBAは、商品が売れたらamazonが商品の発送をしてくれるため、とっさに自分が動いて、郵送する手間を省くことができるのです。

FBA制度を利用するには、事前準備が必要になります。商品を予めamazonの倉庫に送っておくということです。事前に送っておけば、発注が決まった際に、amazon側が対応してくれるので、せどりをする上で非常に助かります。

また今では、ヤフオク!で注文があった商品をamazonから送るということもできるので、自分の手間を大幅に削減することができるでしょう。

せどりの仕入れを行う時に注意すること

せどりを実施する時には、仕入れの部分にいくつか注意しないといけないことがあります。仕入れに失敗してしまうと、出品したとしてもうまく利益を上げることが難しくなるでしょう。

仕入れの注意点としては、「適切な販売価格」・「出品した後に売れるまでの時間」についてです。

適切な販売価格とは、仕入れした際の商品の金額と送料を含め、利益を上げられる金額を設定するという意識も大切ですが、顧客が買いたいと思える金額であることも重要になります。

あまりにも金額が高すぎると、同様の商品に負けてしまい、自分が提供している商品を購入してもらうことができなくなる恐れがあるでしょう。

出品した後に、売れるまでの時間を意識する理由は、出品したとしても、ずっと残っている商品では、うまく利益を上げることができず、ビジネスとしては成り立たないためです。

出来るだけ、出品すると売り切れてしまうような需要が高い商品を選択する必要があります。

せどりの出品の時に注意すること

せどりの出品の時にも、注意して意識しないと、しっかり利益を上げることが出来なくなる可能性があります。

せどりの出品の際に注意することとしては、商品の状態を丁寧にコメントなどで記載しておくということです。

出品した商品を購入するお客様は、商品コンディションを写真でしか判断することができないため、より正確に情報を取得したいと考えています。

Amazonで中古品を出品する場合は、4段階の商品コンディションと330文字の自由コメントを載せることができるので、適切な状態を選択することが大切です。

選択できる4段階の商品コンディションは「ほぼ新品」・「非常に良い」・「良い」・「可」になります。適切な商品コンディションを選び、お客様に満足してもらえることが、せどりを長く続ける上で大切です。

ネットせどりと店舗せどりは自分に合った方法を選択

せどりの特徴やネットせどり、店舗せどりの違いについて紹介していきましたが、自分なりにやりやすい仕入れ方法を選び、有益なビジネスとして活用できるように、今回の内容を参考にしてみてください。

ネットせどりと店舗せどりは、どちらもメリット・デメリットがあるので、自分に合ったやり方を選択することで、利益を上げやすくすることができるでしょう。

またせどりの仕入れ、出品の際にも注意点がいくつかあるので、しっかり意識しておくことが大切です。ただ商品を仕入れて、出品すれば良いだけではなく、金額や労力のことも考えて、適切な方法を選択していってください。

・・・

おもちゃ部はいま、情報交換できるお友達を必要としてますっ!!

せどりしてる方、これから始めようとしてる方、

ぜひお友達になりましょう!!

LINE@から、いつでも気軽に話しかけてください(^ ^)

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 楽天せどり部ポイント課 , 2019 All Rights Reserved.